切開を伴う治療と埋没法

目元

自分に合う治療を選ぼう

美容整形の中でも二重治療は特に高い人気となっています。良い仕上がりにするためには技術力はもちろん、カウンセリングの良さも大事ですので口コミも参考に美容外科は慎重に選んでいきましょう。口コミでは医師やスタッフの対応の良さや仕上がりの美しさ、ダウンタイムなど様々な情報を得ることができ、美容医療が初めてという人にも良い参考となります。憧れの二重を作るためにはそれぞれに合う治療方法を選ぶことが大事です。整形にも大きく分けてメスを使わずに行える埋没法とメスを使う切開法がありますので、まずはそれぞれの特徴を理解していきましょう。埋没法はそれぞれに合うラインを選び、ラインが決まったまぶたの皮膚に小さな穴を開けそこに医療用の糸を通しまぶたの裏で留めてラインを固定させる方法です。治療時間も短くダウンタイムが短く抑えられるのもメリットです。切開法はまぶたの余計な脂肪を取り除きながら、二重のラインを安定させるより本格的な美容整形です。この場合も全切開だけではなく、切る範囲の少ない部分切開を選ぶこともできます。ダウンタイムはやや長くなるものの、埋没法に比べて二重のラインが取れにくいということがメリットです。

理想の仕上がりにするためにはクリニック選びは重要ですので、口コミを見るときも良い仕上がりが得られたという良い意見だけではなく、その逆の口コミにもしっかりと目を通しておきたいところです。自分の希望をしっかりと伝えることができないと理想のラインが得られない可能性がありますので、どのような仕上がりにしたいのかは具体的に伝えることが大事です。さらに自分が希望しているラインが必ずしも似合うとは限りませんので、医師のアドバイスにもしっかりと耳を傾けましょう。プチ整形の場合もある程度の腫れはありますので、長期に休みが取れない人はできるだけ腫れが最小限に抑えられる治療を選ぶことも大事です。外国人のような平行型の二重に憧れる人は多くなっていますが目頭の蒙古ヒダが張っている人は平行型になりにくい傾向があります。その場合は目頭切開などの処置が必要となることも理解しておきましょう。埋没法のようにプチ整形を希望していても、まぶたの脂肪が厚いなどの場合は切開をすすめられる可能性もあります。良い仕上がりにするためにはそれぞれの症状に合う治療方法を選ぶことが大事ですので、医師と相談しながら最適な二重術を見つけていきましょう。